>

>

History 歴史

label.png

1世紀以上前から続いている伝統

1828年に最初の職人は仕事と生計を立てるためにライヨールに定住します。 この地域にナイフ職人としての職業が登場したのはその時が初めてです。 最初のフォールディング(折りたたみ式)ナイフが作られたのもこの時です。

1850年から1860年にかけて、ライヨールナイフの形はますます洗練されていきました。

1880年には、最初の3ピースナイフが製造されました。コルク栓抜きとスクリューで構成されております。このコルク栓抜きは、パリのコーヒーショップを征服するためにアヴェロン川を去った人々の要望に関連しています。 スクリューは主に動物のルーメンに突き刺すために使われました。

20181018_170815.jpg
WTRU20130825Y167.jpg

1909年には、最初の蜂がライヨールナイフに登場しました。 伝説に基づくと、ナポレオン皇帝が自らライヨールの住民の勇気への賛辞を表すために、自らを表している蜜蜂の紋章を送ったとされております。

第一次世界大戦(1914年-1918年)により、ライヨール村の労働力の一部が失われました。

3人の職人のみが少量のライヨールナイフを生産し続けました。

1985年、ライヨール市長を含むオーブラック高原に集ったチームが、ライヨールナイフの発祥地での製造再開を計画しました。 1987年にこの夢が実現し、フォルジュ・ド・ライヨールが誕生したのです。