>

>

The Assembly 組み立て

label.png

フォルジュ・ド・ライヨールでは、一つ一つのナイフが一人のマスターナイフ職人の手によって彫られ、組み立てられ、形作られます。

 

それぞれのナイフは同じマスターナイフ職人によって作られています。最初に、受け取った材料(バリの除去、パーツの調整、彫刻など)を用意します。 それからマスターナイフが蜜蜂の紋章を彫り、スプリングに合わせていきます。これらの部品をすべて合わせることでフォールディングナイフ(折り畳み式)が完成するのです。最後に、職人はサイズの異なる研磨ベルトを使用することで最終的な形を整えていきます。全てがマスターナイフ職人の目と手、そしてノウハウによって完成するからこそ、それぞれのナイフはユニークになるのです。

金細工師の技術であるギヨシャージュは、異なる線のパターンから構成される装飾であり、それはスプリングの突起部分に精巧な形で表れております。最後に、スプリングの端部を加熱し、圧力をかけて鍛造すると、マスターナイフ職人が言うところの「ハエ」が表れます。 これこそが蜜蜂の土台となり、ハエが蜜蜂になる過程なのです。フォルジュ・ド・ライヨールのナイフのシンボルの一つである蜜蜂は、やすりと彫刻機で彫られています。 ナポレオン帝国のシンボルは、ナポレオン天皇自身がライヨール村の市民に与えたものだという伝説があります。これはナポレオン天皇への奉仕における彼らの勇気を称賛したものと解釈されております。

研磨の詳細については、こちらをご覧ください。

フォルジュ・ド・ライヨールの工房のページをご訪問ください。

Montage2.jpg